faxでdmを行う場合の注意点

faxのdmとは、faxを使ってチラシなどのdm(ダイレクトメール)を送る広告手法です。dmというとハガキや封書を使って郵送するものや電子メールなどを想像することが多いですが、faxを使用することもあります。広告というと他にもテレビcm、看板、web広告、新聞チラシなど色々あると思いますが、faxのdmは作成コストも送信コストも安いことから手軽に利用することが可能です。faxの有無が分かりにくく、先方の紙などを使用することから一般家庭宛てにはあまり適さないので、主に企業宛てとなります。企業への営業というと、営業マンが訪問したり、電話をかけたりすることが多いですが、FAXでの営業は、送る側の負担がとても少なくなります。一方、相手側の紙やインクを使用することになるので、小さな会社などからはクレームが来ることもあります。

faxでdmを送ることのメリットとは

faxでdmを送るメリットは第一にコストが安いということです。一通あたり数円という通信料で送信可能ですので、広告費をあまり使えない小さな会社でも使うことのできる手法になります。また、A4用紙一枚の白黒原稿を作るだけで済むのでdmを作成するコストも手間もあまりかかりません。そして第二に時間がかからないことです。この点は電子メールも同じかもしれませんが、ハガキや封書のように印刷の期間もかかりませんし、郵送の時間もかかりません。送ったらすぐ相手のもとに届くので、即時対応が可能です。そして第三に、目に留まりやすいことです。封書のように開封の手間もなく、電子メールのようにクリックする手間もなく、原稿が紙として相手側に出力された状態で存在するわけですから、目に止まる可能性はずいぶん高くなります。そして紙として存在するのですから、保管されやすく、時間が経った後も見てもらえるチャンスがあります。

faxでdmを送ることのデメリットと注意点

faxで送るdmにはデメリットもあります。けれどそのリスクをなるべく小さくするよう注意をすれば良いのです。先ほども述べましたが、faxを使ったdmは先方の紙やインクを消費してしまうため、送るなというクレームが来ることがあります。これに関しては、dm内に今後のfax案内が不要であるとチェックするような返信項目を入れておき、案内不要と返信されたところに関しては再度送信しないようにしましょう。また、宛先のfax番号リストをしっかりとメンテナンスして、番号間違えなどがないようにしましょう。それから、白黒の用紙1〜2枚でしか伝えられないということもあります。インターネットでも封書でもカラーできれいな写真も付いている時代の中、白黒のdmはあまり目に止まらないかもしれません。なるべく見やすく分かりやすく端的に原稿を作ることが重要です。また、収めきれない情報はホームページの記載などで補いましょう。