効率面から考えるfaxを利用したdmの有効性

faxを使用したdmを送る手法は数年前までは一般的に行われていました。現代はパソコンでメールなどを使って取引先と連絡をとったり、受注や発注などを行うことが主流ですが、それでもほとんどの企業が今現在もfaxを使用していたり、設備としてそろえていることがほとんどです。dmと聞くとハガキなどの郵送物を思い浮かべる人も多いです。郵送によるdmは、販売促進の効果が高いためあらゆる企業が宣伝活動の一環として活用しています。しかしながら郵送するためには、郵送料がかかってしまうことや印刷しなければならないため印刷料がかかってしまうためコストがかかってしまい、中小企業においてはなかなか郵送のdmを送ることが難しいのです。そんな中で近年再度注目されているのがfaxを使ったdmなのです。

faxを使ったdmを送ることのメリットとは

メールが主流となる前まではfaxが頻繁に使われておりdmもfaxを活用して送られていました。faxは以前、電話回線を使用していたことから通信料が比較的高いことがデメリットでしたが、近年ではインターネット回線を利用したfaxが主流となっているため、通信料が安くなりました。これにより以前は不可能であった一斉送信も可能となり、手軽にfaxのdmを送ることが可能となったのです。コストがかからないdmにはメールもありますが、メールのdmは開封されることなく削除されてしまう確率が高く効果が期待できません。これに対しfaxは基本的にだれかの目にふれるため開封率は100%です。faxのdmはメールよりも多少のコストはかかるものの、郵送よりもコストをかけることなく、メールよりも効果を期待できることがメリットとしてあげることができます。

効率的に行うことができる有効的なfaxのdm送信方法とは

以前の電話回線を使用したfaxでは、一斉にfaxを送信することはできませんでしたが、近年ではインターネット回線を利用したfaxが主流であるため、電話帳にさえ登録しておけば同じ内容を多方面に一斉に送信することが可能であるため効率的に宣伝活動を行うことができるようになりました。また近年ではfaxでdmを送る代行業者もあります。こうした代行業者はあらゆる企業の電話リストを保有しています。こしたリストを活用することで関わりのある業種の企業にdmを送ることが可能であるためより有効的な効果を得ることができます。代行業者はインターネットを活用することで検索することができます。代行業者はdm送信のほぼ全ての作業をアウトソーシングすることができ、人件費の節約にもつなげられる場合もあるため検討してみるとよいです。